かんたん商人 工事写真台帳5の
よくある質問
Q 保存形式の違いについて
A

本ソフトでは以下の3つの形式でデータを保存することが可能です。
 ・「画像データを含めずに保存する」
 ・「画像データの複製を出力して保存する」
 ・「画像データを含めて保存する」
それぞれの特徴を以下に記載します。


◎「画像データを含めずに保存する」

 拡張子が .wpf のファイルが出力され、
 取り込んだ画像データはデータに含まれません。
 良い点:保存ファイルの容量が小さくてすみます。
 注意点:ファイルに使用している画像ファイルの保存場所を変えたり、
    画像ファイル名やフォルダー名を変更すると、
    読み込みエラーとなり、ファイルが開かなくなりますのでご注意ください。

◎「画像データの複製を出力して保存する」

 指定した名前のフォルダーに拡張子が .wpf のファイル、
 画像データフォルダー、描画データフォルダーが作成されます。
 良い点:作成されたフォルダーで、使用した写真
    データなどもまとめて管理できます。
    フォルダー内に、使用した画像ファイルが複製されているので
    元の写真の保存先を変更・削除してもファイルが開きます。
 注意点:保存ファイルの容量が大きくなります。
    フォルダー内に作成された「画像データ」・「描画データ」などの
    データの保存場所を変えたり、
    画像ファイル名やフォルダー名を変更すると、読み込みエラーとなり
    ファイルが開かなくなりますのでご注意ください。

◎「画像データを含めて保存する」

 画像データを含めて保存した場合は、拡張子が.wpbのファイルが作成されます。
 良い点:保存ファイルは1つだけなので、管理しやすいです。
    写真や描画データは、ファイルに格納されているので
    元の写真の保存先を変更・削除してもファイルが開きます。
 注意点:保存ファイルの容量が大きくなります。
    写真帳に配置している画像のExif情報を取得できなくなります。